MENSAの商法

専門家とは「あなたの夢を破壊する人」

こんにちは。

桐生将人(きりゅうまさと)です。

 

先日、久しぶりに

ジェームス・スキナー氏(※)

の音声講座を聞いていたときに

面白い質問がありました。

※ジェームス・スキナー氏は、

世界中でベストセラーに

なっている名著「7つの習慣」を

日本に持ってきたすごい人です。

 

それは、

「専門家がどんな人間か?」

という質問です。

 

多くの人が「専門家」と聞いて

浮かぶイメージは、

「その分野に特化した博識な人」

とか「税理士とか社労士」を

イメージしますよね?

 

ですが、彼が言った答えは

以下のものでした。

 

/////////////////////

専門家とは、

できない理由を

すべて知っている人

/////////////////////

 

つまり、専門家とは、

あなたがやりたいことや

あなたの実現したい夢が

「できない理由」を

知っているということです。

 

あるいは、あなたが、

節税や節社会保険料を

したいとしても、

専門家は、それをできない

ようにする理由をすべて

知っている人だということです。

 

でも、確かに心当たりがある

と思いませんか?

 

あなたもきっと、

節税や節社会保険料を

専門家にあの手この手で

否定されたことがある

と思います。

 

「その節税は税務署に否定されます」

「そんなふうに社保を削減したら、

行政にやられますよ」

 

こんな感じです。

 

では、あなたのやりたいことを

否定してくる「専門家」という

人種とどう付き合えばいいの

でしょうか?

 

ジェームス・スキナー氏は

こう言っています。

 

////////////////////////

否定されたら、

こう言えばいいのです。

「じゃあ、どうしたら

可能になりますか?」と。

////////////////////////

 

単純なのに、すごい質問ですよね。

 

桐生も一人の士業として、

これを言われたら…燃えます。笑

 

なぜかって、

これに何らかの答えを

出せないってことは、

自分の専門家としての

無能さを晒すことに

なるわけですから。

 

あなたもこの簡単な質問で

専門家をもっと熱くして

あげてください。

 

専門家はある分野においては

あなたより秀でています。

 

だからこそ、聞いているだけだと、

できない理由を並べられて

丸め込まれてしまいますよ^^;

 

桐生 将人

 

↓桐生は以下のオーディオブックで勉強しました^^

参考図書:『成功の9ステップ (オーディオコース) 著:ジェームス・スキナー、出版:有限会社トゥルーノース ジェームス事務所 (2007/8/1)』https://www.amazon.co.jp/dp/4903511065