MENSAの商法

マズイのに人気なデザートバー

こんにちは。

桐生です。

 

以前に、ある高級デザートバーに

行ったときの話です。

デザート5品くらいにお酒がついて

1人8000円くらいするのです(食事なし)。

※当時はまだお酒飲んでいました

 

それだけするわけですから、

さぞかし美味しかっただろうと

思いますよね?

 

…ですが、はっきり言って

そんなにおいしくなかったです。

 

一緒に行った人も、

「美味しい」とは言って

いませんでした^^;

 

ただ、味は別にして、

全員が共通して「ある好評価」

をしていました。

 

それは、

「ここ来ないと絶対に

体験できなかった

初めて食べたデザート」

というものです。

 

これってとても重要な

ことだと思いませんか?

 

日本一のマーケターと言われる

「神田昌典」先生は過去に

セミナーでこんなことを

言っていました。

 

//////////////////////

どんなにサービス内容が

しょぼくても、

「新しい」というだけで

買いたいという人が

少なからず存在する

////////////////////

 

このデザートバーも

かなりこの言葉に近いです。

 

だって、今までにあなたは、

・カラスミが練り込まれたプリン

・パプリカのシャーベット

・穴子の骨が刺さっているアイス

・生バジルのアイス

なんて食べたことがありますか?

 

ほとんどの人は

初体験のはずです。笑

 

多くの経営者は経営戦略において、

一般的に重視されるたった1つの

ポイントだけを伸ばそうとします。

 

たとえば飲食店なら

「味」だけを追究しよう

とします。

 

ですが、今回のお店で言えば

「新しさ」や「雰囲気」の

レベルが高く、正直なところ

「味」は平均以下でした。

 

それでも好評価になるのは、

「味」を補う複数の要素が

あるからです。

 

あなたもたった1つの要素に

固執していませんか?

 

5つの要素のうちの1つだけ

5段階評価で5にしても、

他が1なら合計9です。

 

逆に、5つの要素全てを

2にすれば合計10です。

 

どっちが強いかは

単純にわかりますよね?

 

桐生 将人