節税・社保料適正化

違法な社保逃れが本当にできなくなりそうですね

※本ブログは桐生が過去にメルマガで配信した

内容を再編集して投稿しております。

 

こんにちは。

桐生将人(きりゅうまさと)です。

 

以前、マイナンバーの制度が始まったときに、

戦々恐々とした経営者がいました。

 

どういう経営者かというと、

「社会保険を実際の給与とは違う安い給与だけで

加入する」という違法行為を行っていた

経営者たちです。

 

社員の社会保険までそういうことをする

経営者すらいましたね。

 

彼らはマイナンバーの導入が始まったときに、

今までは二重帳簿で逃げていたものが

バレてしまう…とビクビクしていたということです。

 

で、この経営者がどうなったかというと…

全然何も影響を受けなかったんですよね。

 

なぜかというと、

今までも雇用保険や社会保険の手続きを

するときにはマイナンバーを書かなければ

ならなかったのですが…

 

なんだかんだで、マイナンバーを書かなくても

手続きはすべて通っていたんです。

 

行政側もマイナンバーによる業務量増加に

対応することができず、結局ないがしろの

状態だったのです。

 

ですが、その時ついにこんな手紙が来ました。

 

「これからはマイナンバーを書かないと

書類が返戻されてしまう」という内容です。

 

これからは社会保険も違法な逃れ方をすると

マイナンバーでバレてしまう時代が

ようやく本当にやってきたということですね。

 

ちゃんと払っている経営者のためにも、

真っ黒な方法で逃げている経営者を

しっかりと断罪して欲しいものです。

 

まぁ、これが始まれば、まともに社会保険を

払っている経営者と違法に逃れていた経営者は

社会保険料に搾取されますが、

根拠をもって対策している経営者はこれからは

もっと勝っていくことになりますね^^

 

桐生 将人

 

※最新の情報はメルマガで配信しています。

登録は下記からお願いいたします。

▼今すぐクリック▼